不動産投資でFIREを達成しました!!

不動産投資・いい話009:不動産投資でFIRE その9

本コラムは「収益物件数 No.1 国内最大の不動産投資サイト楽待(らくまち)」に筆者が1年前に投稿したものです                                                  
テリー隊長
テリー隊長

4.サイドFIRE・地理的アービトラージのための不動産投資

4-1.サイドFIREのための不動産投資

サイドFIREとは、FIRE後の必要な生活費の半分を資産から、半分をアルバイトなどの自由な労働から得るというものです

最も大きなメリットは、FIREを達成するために蓄えないといけない資産が半分ですむため、FIREを達成するハードルが下がるということです

FIREを達成するための資産を不動産投資で構築するのはよくないと、前々回のコラムで述べましたが、サイドFIREを最初から不動産投資で目指すのは、あまりいいやり方ではないです

目指すのは、蓄えた資産を用いて不動産投資をするFIRE後の不動産投資です

これなら、非常にいい形でサイドFIREを始められます。要するに、目標の資産の半分を現金で貯め、不動産物件を購入します。残りの半分は、フリーランスやアルバイトで稼げば、まずはサイドFIREがスタート出来ます

そして、不動産投資の方は、数年の実績が出来てくれば、銀行も次の物件の購入のための資金を融資してくれる可能性が出てきますので、収益物件を増やしていけばいいわけです

順調に、物件を増やせば、すべての生活費を不動産収入でまかなえるようになり、うまく行けば、生活費のレベルを上げることも可能です

このサイドFIREの流れは非常にいいと思いますので、以下にまとめておきます

1.生活費の半分を家賃収入でまかなえる物件を買うための現金を用意し、収益不動産を購入し、残りの半分はフリーランスの仕事で稼げるようにしてサイドFIREを達成

2.不動産投資の実績を元に物件と家賃収入を拡大し、フルFIREを達成

3.更に不動産を増やして生活レベルの向上もめざす

くれぐれも、最初の部分を不動産投資で構築しないように気をつけてください。それでは時間がかかりすぎてしまいます。短期的に稼ぐなら、不動産投資以外を考えましょう。一番有望なのは、頑張って給料で稼いて、倹約をして貯蓄をすることです

4-2.地理的アービトラージのための不動産投資

これについては、サイドFIREの最初の部分と同じ考えで進めていけばいいと思いますが、居住地が日本でなくなることのメリット・デメリットが生じると思います

くわしくは解説しませんが、リモートでの対応に強い、管理会社や税理士を見つけておくことが重要になると思います

次回、まとめを行いたいと思います

(つづく)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA