不動産投資でFIREを達成しました!!

不動産投資・いい話008:不動産投資でFIRE その8

本コラムは「収益物件数 No.1 国内最大の不動産投資サイト楽待(らくまち)」に筆者が1年前に投稿したものです                                                  
テリー隊長
テリー隊長

3.FIRE後の自由時間で行う不動産投資

FIRE後の自由時間をどうしますか?

ベストセラー「FIRE 最強の早期リタイア術」によれば、FIREは以下の3つのステップで行うことを推奨しています

1.仕事を一生懸命やり給料を稼ぐ

2.倹約と貯金と投資に励み資産を拡大する

3.安全な投資に資産を移して安定した収入を得る

FIRE後とは、すなわち、3の段階に入るということです

3に入った場合、生活に必要な収入は、自動的に資産から得られるので心配ありませんが、完全にリタイヤしてしまっていると、毎日の自由な時間をどう使えば良いのか?という贅沢な悩みが生じてしまいます

本の著者は、自由な時間を使って、子供の頃からやりたかった小説を書くということに時間を費やしているようです

おそらく、資産はS&P500のETFやREITなどの超安定な金融資産投資しているので、ほとんど日常的にやることはないでしょう。年に数回、ポートフォリをメンテナンスするぐらいだと思います

でもこれって、大丈夫ですか?人間、お金があってもやることがないと辛いのではないでしょうか?やはり、何か社会とつながりがないと日々の生活は充実しないのではないですか?

それも、年齢的に30代でFIREしたら、この先も本当に自由時間だけでいいのですか?

3.FIRE後の自由時間で行う不動産投資

 その点、不動産投資は、不労所得ではなく、適度な労働所得であることがFIRE後とは非常に親和性がいいと思います

帳簿の記入、物件のお掃除、雑草の除去、入退去の対応、大規模修繕計画の作成と実行、管理会社との打ち合わせなど、やることに事欠きません

その上、更に不動産投資ビジネスを拡大したければそのチャンスも残されています

不動産投資をやっているだけで、FIRE後の自由時間の心配はなくなります

(つづく)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA